各種メディアによる弊社代表の実績

コミコミウェブの代表は、日本で初めてネットショップを開設した第一人者なんです。

各種メディア弊社代表の実績

1994年10月に開設された四国の「うどん本陣 山田家」ホームページが日本のネットショップ第1号です。

1994年10月に実験的な試みとして、日本初のインターネットショップによる通信販売が開始されました。

この試みを成功させたのは、弊社代表・菅野千里(旧姓・上野)が代表を務めた「有限会社ポートネットサービス」でした。

この成功をきっかけに、1995年、サイバーモール(仮想商店街)として講談社など6店舗のショッピングモールを開始。

これに追随して、1997年5月に三木谷浩史氏が開設した楽天市場など、数多くのネットショッピングモールが開設され、現在に至っています。

ちなみに現在、讃岐うどんの老舗「うどん本陣 山田家」様は、楽天讃岐うどんランキングの1位を獲得しておられます。

月刊アドバタイジング 1995年7月号

記事を拡大して読む

野村総合研究所でも「日本のインターネット・ビジネスの草分け的存在」として業績が紹介されています。

1995年10月21日の「週間ダイアモンド」にて、野村総合研究所・研究理事・村上輝康氏(現・シニアフェロー)より「千葉県から発信された山田屋のホームページが日本のインターネット・ビジネスの草分け的な存在である。」と紹介されています。

週間ダイアモンド 1995年10月号

記事を拡大して読む

日経事業出版社からも「日本のインターネット上の仮想商店の先駆け」として紹介されています。

1996年10月1日の「日経YOU TURN」にて、当時の弊社代表の業績が紹介されています。

弊社代表の菅野千里(旧姓・上野)は、1985年より中古コンピューターの卸売りから事業を開始。(事業開始形態は、ソフトバンク・孫正義氏と同じです。)

当時高額であったワークステーションを購入して、NTTのインターネット専用回線を引いてプロバイダ事業を展開していました。

その後も業績は順調に上がっていきましたが、離婚などをきっかけに廃業。2004年に再起を決意して現在の株式会社ディーオーエムジャパン設立へと繋がったのです。

日経YOU TURN 1996年10月号

記事を拡大して読む

このページのトップへ戻る